女性にとっておきの育毛剤はランキングで調べよう

メンズ

頭皮のセルフケア

鏡を見る男性

早めの対策が大事

髪の毛は通常であれば4年〜6年ぐらいかけて成長します。しかし、発毛サイクルが乱れると1年もたたずに抜け落ちます。それが積み重なると薄毛になります。薄毛は早期に対策をすることで予防できます。薄毛になってから対策をしては手遅れなので、抜け毛が増えてきた段階で手を打つことが大切です。シャンプーやブラッシングをしたときに抜け毛の量がいつもより増えたと感じたら、発毛サイクルが乱れている可能性があります。また、抜け毛をチェックしてみて、短い髪も混じっている場合も要注意です。また、頭皮が硬い人、頭頂部がとがっている人なども薄毛になるリスクが高くなります。今は薄毛を治すアイテムが沢山あるので、それらを有効活用すれば抜け毛を予防できます。

使いやすい育毛剤

育毛剤はどこでも売られていて、セルフケアで使いやすいアイテムです。頭皮が荒れていてフケや痒みがでる状態だと、健康な髪の成長に影響を与えます。育毛剤には、フケや痒みを予防する抗炎症作用や抗菌作用があります。毎日頭皮に塗っておけば、頭皮のトラブルが起きにくくなります。育毛剤の大きな効果が「血行促進作用」です。血の流れというのは髪の成長にとても大事な働きをします。というのも、細胞分裂に必要な栄養は、血管を通って毛母細胞まで届くからです。頭皮の血流が滞っていると毛母細胞が細胞分裂しなくなります。それが発毛サイクルの乱れの原因になり、抜け毛に繋がっていきます。育毛剤には強い血行促進作用があるので、最終的に細胞分裂を活性化させることができます。